一人暮らしの準備は進んでる?生活用品をそろえよう!

一人暮らしの準備は進んでる?生活用品をそろえよう!

春が近づくにつれて、だんだん温かくなってきましたね。4月になれば環境を変えての新生活がはじまる人がいるでしょう。はじめての一人暮らしがスタートする人もいると思います。準備は進んでいますか?

一人暮らしにむけて買い揃えるものの中に「生活用品」があります。生活用品は「日用品」ともいい、毎日の暮らしの必需品です。毎日使うものだから、良い物を無駄なくそろえましょう。

ファブリック

ファブリックってなに?

「布地」の意。 広義では、織物、編み物、不織布、狭義では、織物をいう。織り、編み、フェルト、レースで作られた布地や原料の繊維の総称。キャンパス生地: 亜麻糸、綿糸、絹糸あるいは、それらの混織で、丈夫な厚手の粗布のこと。クロスやカーテンに多く使用される。

ファブリックとは、布製品のことです。 日用品でファブリックというと、ふとんや、タオル、カーテンなどのことをいいます。

ファブリックとは、布製品のことです。日用品でファブリックというと、ふとんや、タオル、カーテンなどのことをいいます。

ふとん・枕

必要な睡眠時間を6時間から8時間とすると、ふとんは一日のうちの約3分の1を過ごす場所になります。だからこそ、いい環境で質の高い睡眠をとりたいものです。

ふとんは「防ダニ」のもので、洗うことができるものを選びましょう。清潔で気持ちよく眠ることができます。枕も自分にあったものを選びましょう。硬さや大きさ、デザインなどは多種にわたります。

最近では自分にぴったりの枕をカスタムでオーダーメイドしてくれる販売店もあります。睡眠の質は暮らしに大きな影響があります。良い睡眠時間をとれるように、布団・枕は良いものを選びましょう

タオル

バスタオル、洗面用タオル、キッチン用のタオル。タオルは布団や枕同様に毎日使うものであり、直接肌にふれるものです。3種類のタオルをそろえるのがいいでしょう。

用途に応じて、素材を選ぶといいかもしれません。バスタオルは水をよく吸う大きめのものを。フェイスタオルはなるべく柔らかいものを。キッチン用は多少、丈夫なタオルを選ぶといいですね。

サイズごとに2枚以上あると便利でいいですね。


カーテン

カーテンは一人暮らしを始める際に最初にそろえるべきアイテムのひとつです。窓の外から部屋の中が見えたままだと落ち着きませんし、防犯のためにもカーテンは入居の時点で揃えておきましょう。

カーテンのデザインは飽きのこないものを選びましょう。カーテンは生活用品の中でもインテリアの要素を持ち、部屋のなかで占める割合が大きいです。

華やかな色合いのものであれば、部屋は明るくなるし、シックなデザインのものであれば、落ち着きのある部屋になります。

個性的なデザインの部屋を目指すのであれば鮮やかな色のカーテンを選ぶといいですね。

キッチンまわり

一人暮らしをすると「自炊」をすることになりますね。普段はキッチンに立つことがなかった人でも、キッチンで料理をはじめたりすることでしょう。

料理をするにはキッチン回りのアイテムが生活用品として必要になってきますが、最初から全部そろえようとはせずに、はじめはちょっとした調理用の器具と自分用の茶わんとお皿ぐらいからそろえていきましょう。

代用の効くものはなるべく代わりに利用して使い、あまり多くを持たずに質の良いものをそろえていくことがコツです。

調理器具

まずは「自分でどのくらい料理をするのか。」を考えましょう。毎日の食事を外食や、コンビニやスーパーなどで買ったもので済ますのであれば、あまり調理器具は必要ありません。

「たまには自炊するつもり」という程度であれば、フライパンと鍋、包丁とまな板で十分に料理はできます。

カトラリー

カトラリーってなに?
フォーク、ナイフ、スプーンなど、食事の際にうつわから食物をとって口に入れるために手に持って使う器具の総称。

基本的にフォーク、ナイフ、スプーンとお箸があればOK。スプーンは大きめのものがあれば、料理のときにも使うことができます。お箸は少し長めのものを選べば、料理をする際に菜箸としても活躍してくれることでしょう。

一人暮らしの準備は進んでる?生活用品をそろえよう!

カップ・グラス

カップやグラスは生活用品のなかでも一日に何度も使うことがあるものです。はじめはマグカップをひとつ用意するといいでしょう。マグカップであれば、コーヒーはもちろんのことながら、スープを飲んだりもできますね。

デザインにはこだわるようにしましょう。頻繁に使うものだから、自分が気に入って長く使いたいものです。

お皿・プレートなど

日用品をそろえる予算に余裕があるのであれば直径30cm低程度のお皿があるとなにでも使えて重宝します。少しおしゃれなものを選ぶようにすれば、一人でしなくてはいけないちょっぴり寂しい食事の時間も楽しい時間にかわりますね。

ゴミ箱

意外とそろえるのを忘れてしまいがちなのが、ゴミ箱です。ゴミを捨てる時になって気がついて「あ。ゴミ箱がない。」ということになります。

ゴミ箱は、「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「資源ゴミ」など、分別ができるようにいくつかそろえておくと捨てる時に便利です。分別の仕方は地域によって異なるので確認しておくことが必要ですね。

サニタリー用品

サニタリー用品とは、トイレ、洗面、入浴などの衛生を指す言葉で、一般的には、サニタリーユニット(浴室、洗面室、トイレを一体化・ユニット化した設備)、サニタリーウェア(衛生陶器)、サニタリースペース(水回り空間)などに使用されるものです。

サニタリー用品とは生活を衛生的に保つための生活用品といっていいと思います。トイレやお風呂など汚れやすい場所を衛生的保つのに使うものいいます。サニタリーグッズは汚れが目立たずに、洗いやすいものを選ぶようにしましょう。

トイレブラシ

トイレ掃除には欠かせないのが、トイレブラシです。トイレを使った際にサッと掃除できるもので、ブラシがしっかりとしていて丈夫なものを選ぶようにしましょう。トイレはこまめに掃除していつも清潔に保つようにしましょう。

トイレマット

トイレマットは水切れの良いものを選びましょう。ユニットバスの場合はトイレマットとバスマットが兼用になることがあります。入浴時にもつかえるポリエステルの素材は水切れがよく、使い勝手がいいです。

バスチェア

お風呂に洗い場がある場合はバスチェアがあると便利です。バスチェアは滑り止めのゴム付きのものが安心に使えます。

ボディブラシ

背中を洗うのが楽チンな柄の長いものが便利です。入浴のときに使うと便利なものですが、ブラシは肌との相性があるので、無理に使うこともないかと思います。ブラシがやわらかめのものを選んでそろえましょう。

ランドリーバスケット

折りたたみ式のものであれば、場所をあまりとらずにスマートです。洗濯物が散らかっていると部屋が汚く見えてしまいます。脱いだものは、ランドリーバスケットにまとめておきましょう。

ワイヤーかご

石鹸やシャンプーなどを直に置かないために必要なカゴです。壁に取り付けられるように、つり手が付いているものが便利です。吸盤フックでお風呂の壁にくっつけて、お風呂場をキレイに保ちましょう。カビが生えるのを防止できます。

他にもこんなものがあると一人暮らしには便利です。

ラグマット

新生活のはじまる物件がフローリングの場合、冬場は冷たいですし傷がつきやすいです。床冷えや、床の傷つき防止のたにラグマットがあるといいです。

クッション・座布団

床に直接座る場合はクッションや座布団があると、床の冷たさを避けられますし、おしりも痛くなりません。お客さんが来たときのためにも1個~2個のクッションがあるといいですね。

キッチンクロス

濡れた食器やキッチンシンクをふいたりするのに使います。タオルで代用する人もいるかもしれませんが、何枚かあると便利なのでそろえてみてもいいでしょう。

中華鍋

中華鍋は「炒める」「煮る」「ゆでる」がひとつでできます。あればとても重宝します。

一人用の土鍋

一人用の鍋で鍋調理をつくればそのまま食卓に運んで食事ができるので、他にいくつも器を汚したりしないので、鍋料理は一人暮らしにはぴったりの料理ですね。

調味料入れ

自炊をすると調味料をよく使うことになります。料理を作るたびに調味料を探したり、あるはずなのに買ってきたりしては効率がよくありませんね。調味料をきれいにそろえておくことができる調味料入れをそろえましょう。

ソープディッシュ

いわゆる石鹸受けのことですね。洗面所でボトルタイプのハンドソープや、お風呂でボディソープを使っている人はいらないと思いますが、せっけんを普段から使う人はあると便利です。

吸盤がついていてシンクに貼りつけることができるものがいいですね。

バスマット

バスタオルは必ず必要ですが、できればバスマットもそろえましょう。タオルを折って使うこともできますが、衛生的によくありません。水をよく吸収するバスマットを選びましょう。

トイレポット

トイレでもゴミは出ます。ひとつあると便利です。

シャワーカーテン

ワンルームの賃貸の場合、バスとトイレが一緒のユニットバスが多く、洗い場がついていないことがほとんどです。その場合、シャワーのお湯が外に飛び出てしまうのを防ぐのに役立ちます。

ほうき・ぞうきん

ほうきと雑巾。とてもアナログな掃除用具ですが、あると意外と重宝します。ちょっとした掃除、細かい掃除にはぴったりです。

コロコロカーペット

ラグマットやカーペットなどのゴミをとるのに便利です。

フロア用クイックルワイパー

フローリングの汚れをサッととってくれる便利な掃除道具です。便利すぎてなまけものにならないように(笑)

バケツ

掃除のときなど日常ではもちろんのことながら、災害時などには役に立ちます。ひとつそろえておきましょう。

一人だと自分をチェックしてくれる人はいませんね。鏡は洗面所にはあるはずですが、ひとつ大きめの鏡や姿見があるといいですね。身だしなみは大切です。

一人暮らしの準備は進んでる?生活用品をそろえよう!

一人暮らしの準備は進んでる?生活用品をそろえよう!まとめ

生活用品はよく使うものから、たまにしか使わないものまで多種多様です。最初から「あれも必要。これも必要。」と全部そろえようとしないで、最初は「まずは最低限に必要なもの」だけをそろえるようにしましょう。

そして、生活のなかで足りないものを順番にそろえるようにすると無駄にならずにすみますね。

 

ひとりで過ごす時間を大切にしたいあなたを応援します。

 

私たち「暮らしと家具のフォスネット」では、

 

人とのコミュニケーションに疲れてしまった。

もっと、ひとりの時間を過ごしたい。

 

という、あなたの私生活を家具を通して応援したいと思っています。

 

現代を生きる私たちは、
仕事の長時間化により、
長い時間、他人と一緒にいることが必要とされます。

 

コミュニケーションがうまく取れているようでも、
相手を気遣ったり、
自分の意見を抑えたりすることは多くなるので、
ストレスもは増える一方だと思います。

 

それに加えてインターネットによって
いつも誰かにつながっている状態。

 

メールやSNSの着信は
いつもあなたの集中を途切れさせることでしょう。

 

それから、SNSなどに発信する自分は、
人の目には良く映るように、
無理をして作り上げた自分だったりしませんか?

 

もしかしたら、あなたのストレスの大部分は、
人とのつながりからきているかもしれません。

 

しかしながら、人は誰かとつながっていかなくてはいけないのも事実です。

 

だからこそ、ひとりで過ごす時間が大切になってくると、
私たちフォスネットは考えています。

 

人とつながるために必要な準備をする。
自分を見つめなおす、ひとりの時間を
いかに有意義にできるかが大切だと考えているのです。

 

家具は昔から、人の生活を支えてくれるなくてはならないものです。

 

おいしい食事をするためのテーブルやイス。
知恵を養うために学ぶための机。
好きな音楽を聴くためにくつろぐソファ。
安らかな睡眠をとるためのベッド。

 

あなたのひとりで過ごす時間にも、
そんな家具たちを役立ててほしいと思います。

 

私たちフォスネットでは、
「ひとりの時間」が必要なあなたを、
家具を通じて応援していきます。

 

フォスネットがどんな考えをもって運営しているのかを、
まとめています。

 

5分程度で読めるので、
ぜひ私たちフォスネットのことを
知ってもらえたらと思います。

 

下のリンクをクリック↓

暮らしと家具のフォスネットってどんなサイト?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。