狭い部屋でも広く見せるコツ【家具】視線の抜けを作って解放感UP

部屋が狭くて息苦しい・・・。

 

一人暮らしのワンルームなど、限られたスペースで生活するのは狭くて息苦しさがあったりします。部屋の狭さからくる圧迫感はストレスになり良くありません。しかし、広い部屋に引っ越すというのも経済的に負担がかかります。そこで、家具やインテリアの配置を工夫して狭い部屋でも広く見せるコツを紹介します。

 

この記事では家具の高さや大きさ、数を調整することで視線の抜けを作り部屋を広く見せるコツを考えていきます。

 

 

本当に必要なものをそろえることが大事

 

家具の量が多いと部屋は家具に占領されていきます。部屋が狭いと感じるのであれば、まずは家具をはじめとする、モノを減らすことをしなければなりません。ものを減らすということは本当に必要なものだけを残すということになります。

 

これから、新しい部屋に住むにあたって家具をそろえようとしているのであれば、本当に必要なものだけをそろえるようにしましょう。「無くても困らないけど、あったら便利かな」という程度のものは極力持たないようにすることが大切です。

 

部屋を広く見せるコツは「視線の抜けを作る」

 

部屋の解放感を上げて広く見せるには、家具の高さ・大きさ・数など調節しながら「視線の抜け」を作ることです。視線の抜けというのは「向こう側まで見える」とか「視線を遮るものがない」という感じです。

 

家具の高さを低くする

ピアット【piatto】北欧調ベッド

ピアット【piatto】北欧調ベッド

可動棚付きフロアベッド(シングル)【Elfom エルフォム】

可動棚付きフロアベッド(シングル)【Elfom エルフォム】

 

家具の高さを低く抑えることで、見える壁の面が増えるので部屋が広く見える効果があります。

 

例えば脚付きにベッドをローベッドフロアベッドにすることで、視界が広くなるので部屋に広がりを与えます。宮棚つきのベッドよりも、マットレス一体式のシンプルなベッドの方が高さは最低限で抑えられるので、視線の抜けをつくることができます。ダイニングテーブルを使っている場合はローテーブルに切り替えてみても同じ効果が得られます。

 

椅子座から床座にしてみる

フォールディングテーブル【Polaire-ポレール-】

フォールディングテーブル【Polaire-ポレール-】

 

生活の視線の高さを下げることで視界広げる方法です。家具の高さを低くすると同様でダイニングテーブルと椅子を中心に生活している場合にはローテーブルと床座を中心の生活に変えてみると視界が広がります。これは、椅子座と床座には好みがあると思いますので、うまく切り替えてみると部屋を広く感じることができます。

 

床の見える面積を多くする

ヴィンテージスチールソファ【Matthew-マシュー-】

ヴィンテージスチールソファ【Matthew-マシュー-】

 

床に見える面積が多くなると、多少モノが多くても部屋を広く見せることができます。具体的な例としては、床まで生地のつながっているソファではなくて脚のついたものだったり、テーブルや椅子の脚はなるべく細いものを選ぶ。天板がガラスのローテーブルなども見える床の面積が増えて、部屋を広く見せる効果があります。

 

床の見える面積を多くするの方法としては「家具以外のものは床に置かない」というのもルールにしてみるといいでしょう。部屋を見渡すと家具以外の生活用品も床を占拠していたりします。収納しきれない衣類通販で届いた段ボール読みかけの本や雑誌体重計など。なるべく床にものは置かないようにすると視線の抜けを作ることになるので部屋を広く見せることができます。

 

機能的な家具を使う

折りたたみすのこベッド【ロンタン-RONTAN-(シングル)】

折りたたみすのこベッド【ロンタン-RONTAN-(シングル)】

フール【Fours】

フール【Fours】

 

機能的な家具「複数のことに使える家具」「使わないときは片づけることができる家具」を使って、家具の物量を調整していきます。

 

収納付きベッドはベッドの下のスペースを有効に使うことで部屋の片づけを補助してくれるので部屋がスタイリッシュに片付きます。折りたたみ式のベッドやテーブルは使わないときはコンパクトにしておくことができます。可変式の家具はライフスタイルに合わせて出したりしまったりできるので便利ですね。

 

「なにもない場所を」意図的に作ること

 

視線の抜けを作るということは「なにもない場所」を意図的に作ることです。自分の見ている先が解放的であれば部屋を広く感じることができます。家具が集中する場所とそうでない場所を作ることで、「なにもない場所」作ることができます。

 

どうしても家具というのは部屋の隅々に並べていって、その真ん中の残ったスペースで人が生活するということになるのが常ですが、家具を置く場所をあえて一か所に寄せてみるというのも、視線の抜けをつくるひとつの方法です。

 

狭い部屋でも広く見せるコツ【家具】視線の抜けを作って解放感UP まとめ

 

  • 本当に必要なものだけそろえる
  • 床の見える面積を増やす
  • なにもない場所を意図的に作る
  • 機能性を活かして家具の数を減らす
  • 家具の一転集中も一つの方法

 

家具を活かして視線の抜けを作ることで、部屋を広く見せるコツでした。部屋が狭いと感じるのはストレスになりますし、せっかくの毎日も楽しくなくなってしまいます。部屋は自分がいちばんリラックスできる場所であってほしいと思います。

 

フォスネットでは今回紹介した家具を送料無料で販売しています。

 

ピアット【piatto】北欧調ベッド/ノンフリップレギュラーセット。

※送料無料でお届けします。

 

可動棚付きフロアベッド 日本製(シングル)【Elfom エルフォム】羊毛入りマルチラスハードスプリングマットレスセット

※送料無料でお届けします

 

フォールディングテーブル【Polaire-ポレール-】(折り畳み式 センターテーブル 天然木目 完成品)

※送料無料でお届けします

 

ヴィンテージスチールソファ【Matthew-マシュー-】

※送料無料でお届けします

 

折りたたみすのこベッド【ロンタン-RONTAN-(シングル)】

※送料無料でお届けします

 

おしゃれな収納付きベッド【マットレス付き】ナチュラル女子に人気!

※送料無料でお届けします

 

一人暮らしにおすすめのコンテンツ

 

一人暮らしのワンルームなど、限られたスペースで生活するのは狭くて息苦しさがあったりします。部屋の狭さからくる圧迫感はストレスになり良くありません。しかし、広い部屋に引っ越すというのも経済的に負担がかかります。そこで、家具やインテリアの配置を工夫して狭い部屋でも広く見せるコツを紹介します。

 

「エアコンがきつ過ぎる」「手足が冷える」といったことから、夏でもカーディガンや厚手の靴下をはいたりしている人もいたりします。これが夏の間に続くとなると、暑さ同様にエアコンの冷たさも体にとってはストレスですね。気温が下がる夜だけでもエアコン漬けから解放されたいと思うのではないでしょうか?熱中症に気を付けながらエアコン漬けも解消される寝苦しい夜の快眠方法を考えてみましょう。

 

大好きな小説やマンガやコミック。シリーズものは本棚を一段分占領するような勢いで増えていくし、カタログや写真集などの大型版は本棚に入らずに平積みになっていたり。本って買って読んでいるときは楽しいけれど、時間が過ぎるとちょっと邪魔になってきたりしませんか?一人暮らしの部屋が狭くて、本が片付かないというあなたの悩みに答えます。

 

今までフローリングに布団を敷いて寝ていたのですが、寝汗がひどく、梅雨時期や冬の結露の時期には布団の裏やフローリングが湿っぽくて朝起きて布団をたたむのが嫌でした。でも、すのこベッドの通気性は湿気を逃がして布団もフローリングも湿らせることが減るので朝も爽快です。天然木のひのきのすのこベッドなので、木の香りがとても良く、天然木の森林浴効果でリフレッシュした朝を迎えることができています。

 

おすすめの家具特集

Twitterでフォローしよう

おすすめの家具情報