脚付きマットレスのデメリット5つをまとめてみた
脚付きマットレスのデメリット5つをまとめてみた

脚付きマットレスを使ってみようと思うんだけど、デメリットってあるのかな?

マットレスから直接脚が生えてきたようなデザインの脚付きマットレスベッド。シンプルでコンパクトな造りは使い勝手が良く人気のベッドです。

 

そんな脚付きマットレスにもいくつかデメリットがあるので紹介していきます。

 

 

脚付きマットレスのデメリット5つをまとめてみた

 

大手ショッピングサイトでも人気の脚付きマットレスですが、デメリットもいくつかあるので上げていきたいと思います。

 

マットレスの硬さは若干硬め

 

脚付きマットレスのマットレスは硬めの設計になっています。フレームがないので、マットレス単体で体を支えるためにしっかりとした造りになっているのです。柔らかいマットレスが好みの人には、不向きかもしれません。

 

マットレスの硬さに関しては、ベッドパッドなどで調整をすることで丁度良い硬さにすることができます。マットレスの種類も、ポケットコイルマットレスボンネルコイルマットレスなど、体に合わせて好きな硬さを選ぶことができます。

 

へッドボード・宮棚が付いていないので枕元にモノが置けない

へッドボード・宮棚が付いていないので枕元にモノが置けない

へッドボード・宮棚が付いていないので枕元にモノが置けない

 

ヘッドボードは寝たときに頭側についている板のことで、枕を落とさない役目しています。宮棚はヘッドボードと同じ位置に付いている棚のことで、本や目覚まし時計を置いたりできます。

 

脚付きマットレスはヘッドボードや宮棚が付いていません。フレームが無く脚付きの台の上にマットレスを置いている構造なので、宮棚やヘッドボードを付けることができないのです。

 

枕元にモノを置いたりしたい人や、寝ているときに枕もとでスマホの充電をしたい人にはデメリットになりますね。代わりにサイドテーブルなどを置いてみるといいと思います。

 

脚付きマットレスの良さは、そのシンプルさにあります。シンプルに「寝る」ということだけを考えて「宮棚・ヘッドボードいらないよ」という人にはぴったりのベッドです。

 

マットレスの裏返しができないので片面の劣化が早い

 

通常、ベッドフレームに乗せて使うマットレスは裏表の両面を使うことができますが、脚付きマットレスはマットレスと脚が固定されるために片面しか使うことができません。同じ場所に荷重がかかり続けるとマットレスの凹みは深くなります。そのため、両面を使えるマットレスに比べると消耗が早いのがデメリットです。

 

荷重がかかる位置はベッドの上下を入れ替えることで、ある程度緩和することができます。また、シーツやカバー、ベッドパッドなどを併用すればマットレスの劣化を防ぐことが可能です。

 

マットレスの交換ができない

 

通常フレームがあるベッドの場合はマットレスの交換が可能ですが、脚付きマットレスはマットレスの交換ができません。そのためマットレスの寝心地が悪かったり、マットレスが消耗してしまったら脚とともに買い替えが必要になります。

 

住居の構造によって搬入できないときがある

 

マットレスはシングルサイズでも大体、100cm × 200cm の大きさがあるので、お住いの構造によっては搬入できないケースがあります。エレベーターの入り口、玄関、お部屋の入口、階段など、狭くなっているところは先に経路確認が必要です。

 

搬入時のみ圧縮ロールにしてお届けするように設計されているマットレスもあるので、搬入経路が狭い場合にはロールタイプの脚付きマットレスを選ぶのがいいと思います。

 

脚付きマットレスのデメリット まとめ

 

人気の脚付きマットレスのデメリットについてまとめてみました。

 

  • マットレスの硬さは若干硬め
  • へッドボード・宮棚が付いていないので枕元にモノが置けない
  • マットレスの裏返しができないので片面の劣化が早い
  • マットレスの交換ができない
  • 住居の構造によって搬入できないときがある

 

デメリットがいくつかある脚付きマットレスですが、シンプルでコンパクト、使い勝手が良いベッドということで好評です。

 

フォスネットおすすめの脚付きマットレス

 

短かくて小さいセミシングルベッド【女子向け】脚付きマットレス

身長が160cm以下など小柄な女性の方だと、通常のシングルベッドの長さ195cmでは少し大きいかな?と感じている方が多いようです。30cm以上余裕があることは良いことですが、ワンルームなどにお住いの方はスペースが限られていますね。ベッドを短かくして部屋を広く使いたい人にピッタリの短くて小さいベッドを紹介します。

ボンネルコイルマットレス
脚付きロールマットレス(ボンネルコイル)

脚付きロールマットレス(ボンネルコイル)

「新発想」の一体型 脚付きロールマットレス 。フレームがないデザインだから、ライフスタイルを選びません。セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルの4サイズから選ぶことができます。カラーは爽やかなホワイト、落ち着いた温かみのあるブラウン、シックなネイビーの3色からお選びください。通気性と耐久性に優れた頑丈設計。

ほどよい弾力で安定感のある寝心地ボンネルコイルマットレスロール梱包でのお届けなのでお部屋までスムーズに搬入できます。組み立ても簡単。届いたその日から快適睡眠をとることができます。

↓下記のリンクより詳細ページに移動することができます。

 

ポケットコイルマットレス
脚付きロールマットレス(ポケットコイルマットレス)

脚付きロールマットレス(ポケットコイルマットレス)

「新発想」の一体型 脚付きロールマットレス 。フレームがないデザインだから、ライフスタイルを選びません。セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルの4サイズから選ぶことができます。カラーは爽やかなホワイト、落ち着いた温かみのあるブラウン、シックなネイビーの3色からお選びください。通気性と耐久性に優れた頑丈設計。

ふんわり柔らかい寝心地のポケットコイルマットレスロール梱包でのお届けなのでお部屋までスムーズに搬入できます。組み立ても簡単。届いたその日から快適睡眠をとることができます。

↓下記のリンクより詳細ページに移動することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの家具情報