フローリングの寒さ対策。冬の床冷え解消。

今年も12月に入り残すところあと一ヶ月。冬も本番。寒い日が続いています。この季節は部屋の中は暖房をつけていても、いつまでも暖かくならない場所があると思います。

特にフローリングの床などは、部屋が暖かくなっていても直接座ったりすると冷たいですね。朝起きてベッドから抜け出すときも、素足で乗るフローリングの床はひんやり。

フローリングの床が寒くて冷たい理由

部屋の上のほう、顔や上半身は暖かいのに、足元はいつまでたっても寒くて冷たいことを「床冷え」といいます。フローリングの床の「床冷え」は放射冷却現象という状態により起こります。

暖かい空気と冷たい空気では、冷たい空気のほうが比重がある(冷たい空気のほうが重い)ために、冷気が下に溜まって逃げ場を失い、部屋の床が冷え切ってしまいます。この状態を「床冷え」といいます。

「1階のキッチンはいつも寒いのよね~。」とか「リビングは暖房が付いているのに、なんだか足元は冷える~」という場合は、「床冷え」の状態にあるといえます。

フローリングの床の「床冷え」対策

床の「床冷え」、足元の寒さ対策として大事になってくるのが、まずは「断熱」をするということです。断熱というと、床の下に断熱材を入れたりするような大がかりなことを思い浮かべますが、

床の断熱は意外にも簡単にできます。

コルクマットを使った床の断熱・寒さ対策

簡単な床の寒さ対策・断熱方法としては「コルクマット」を使った方法があげられます。コルクマットはホームセンターやインターネットショップなどで購入することができます。

厚さや大きさは様々あり、部屋の大きさに合わせて組み合わせることができます。価格も比較的安いため、広い部屋でも手軽に寒さ対策が可能です。

ところで、なぜコルクマットが寒さ対策・床の断熱によいのでしょうか?

 

コルクマットを床の寒さ対策に使う理由。

コルクは床下の冷たさと足元の冷たい空気を遮断する。

空気の性質として、「冷たい空気は暖かい空気に比べて重い」「暖かい空気は冷たい空気に比べて軽い」ということは前にも書きましたが、冷たい空気は足元に溜まってしまいます。

そして、床の下からフローリングの伝わってくる冷たさと交わって、フローリングの位置で「床冷え」という状態を作り出します。

コルクマットをフローリングに敷くことで、足元の冷たい空気と床下からの冷たさを遮断することにより、「床冷え」を緩和することができます。

コルクマット自体がひんやりしません。

冬場のフローリングは床の下からの冷たさにより、温度が低いままで素足乗ると冷たくて寒さを感じます。コルクマットは断熱に適していることはもちろんの事ながら、それ自体がフローリングのような素材と違って、極端に冷たくなることはありません。それなので、素足で乗ってもフローリングのようなひんやりした感覚は少ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です