部屋作りのコツ。コーディネートを成功させる7つのポイント。

暮らしたい理想の部屋をコーディネートしていくときに、大きく分けて7つのポイントが大切になります。普段、着る洋服を決めるときのように、部屋作りもまずはテーマを決めて、プランニングをする。そして、理想の部屋に仕上げるというように順序良く組み立てていきましょう。

point.1 「暮らしたい部屋」のスタイルを確認しましょう。

部屋作りのコツとしてはじめに必要になるポイントは「暮らしたい部屋」のインテリアスタイルを確認することです。インテリアにはどんなスタイルがあって、自分や家族がどんな部屋に暮らしたいかを確認しましょう。

好みのインテリアスタイルを探すために、色々なスタイルを集めてみました!↓

部屋のインテリアをコーディネート♪好きなスタイルを探してみよう!

ここで大切になってくるのは、イメージを頭の中だけに留めておかないこと。そして、言葉にするだけにもしておかないこと。

雑誌の写真を切り抜いたり、インターネットのSNSなどから集めた画像を保存したりして、ビジュアルとしてイメージを確認できるようにしておくことです。

できるだけ多くの実例に触れることで、自分が好きなスタイルの傾向や、家族が好むインテリアスタイルが見えてきます。

また、ビジュアルとして確認することができれば、家族とのイメージの共有が誤解なく行えますね。

point.2 使用するインテリアの色を決めましょう。

インテリアの色を決めていきます。インテリアの色を決める場合、どこから決めていくかというと、「簡単には交換がきかない場所」から考えていきます。床や窓枠などの木部、サッシや金具などがそれにあたります。

次に、壁や家具などの部屋の大部分を占める色、部屋の印象を決める色を加えていきます。

point.3 家具はレイアウトを考えながら選びましょう。

家具はインテリアの骨格を作る要素であると同時に、部屋の中に人の居場所や動線をつくります。

家具を選ぶ際にはレイアウトを良く考えて選ぶことが大切です。最近では新築の設計段階から家具を選び配置を考えるケースが増えています。素材やメンテナンスのしやすさなども、家具選びの基準になります。

point.4 窓まわりのデザインを考えましょう。

窓まわりのカーテンやブラインドなどは、壁の一部として部屋の背景をつくるポイントになります。それと同時に、光や視線をコントロールする役目もします。

窓の外の環境との兼ね合いを考えながら、決める必要があります。

point.5 照明のプランニングをしましょう。

人により部屋での過ごし方は様々です。リビングならば、人と話を楽しんだり、テレビを見たり、本を読んだり。ひとつの部屋でも多様な過ごし方、使い方をします。

そのために、すべてにおいて同じ種類の照明タイプでは十分に役目を果たしません。光の色や強さ、照明器具の形など、特徴を理解し、人の行動に合わせて適切な照明を選ぶことが大切です。

point.6 収納のプランニングをしましょう。

部屋のインテリアを作るうえで収納を考えるのはとても大切なことです。収納の基本しては「ストックとして収納するもの」と「日常的に使うもの」とを区別することです。

日常的に使う物は使う場所のそばに、使いやすく収めましょう。無理にたくさんのものを収納すると、使い勝手は悪く、後々、散らかってしまいます。人目につく棚などの収納は、インテリアのディスプレイとしての役目もあるのでキレイに収納したいものですね。

point.7 自分らしさを出すディスプレイを選びましょう。

自分らしさを出すディスプレイはあります。自分の住まいには、どんなにキレイで素敵なホテルやショールームでもかなわない要素があります。それは自分らしさというオリジナリティです。

旅行のときに買ったお土産や、撮った写真。お気に入りの雑貨や、絵画など。自分らしいディスプレイを見つけて飾ってみましょう。

部屋作りのコツ。コーディネートを成功させる7つのポイント。まとめ

暮らしたい部屋を作っていく際に必要なコツを考えてみました。家具や照明、ディスプレイなど細かな要素を計画的に決めて行くことが、コンセプトから外れることがないコーディネートにつがるように思います。

最初に決めたスタイルに沿って、一貫性をもって部屋をつくり、その中にあなたらしさを散りばめることができたなら、コーディネートは成功ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です